ゲームクリエイターになるには

ゲームクリエイターとは、ゲームを創造しなにもないところからものを作り出し、ゲーム機やパソコン、いまではスマートフォンなどの遊ぶゲームを開発する人をゲームクリエーターといいます。

 

でも、そのゲームクリエイターになるためにはどのような道筋が必要なんだろう?

 

ゲームクリエイターというのは、とくに学歴というものはあまりとらわれない職業で、中卒・高卒であろうが一流大学卒業であろうがなることはできます。

 

しかし企業に就職をするということになると『専門卒』『大学卒』というものが有利になります。

 

※専門学校や大学で専門知識を身に付けているということが就職では有利になります。

 

ゲームクリエイターになるために多くは『専門学校』で専門知識を学びます。

 

一概にゲームといっても「プログラマー」「デザイナー」「サウンドクリエイター」といった同じゲームクリエイターでも、職種によって専門知識がことなるので学びたいものはなにかということを明確にして学校を選ぶといいでしょう。

 

ゲームクリエイターには、デザイン能力、プログラミング能力、音楽的能力など多くの能力を求められます。

 

仕事内容が漠然としている方はこちら

ゲームクリエイターの仕事は大きく3つに区別することができます。

 

ゲームの映像や画像を担当するゲームデザイナー、BGMや効果音といった音声担当のサウンドクリエーター、ゲームの動作や設計などを行うプログラマーに分けることができます。

 

それぞれの担当者の協力の元、ゲームは作られていくのです。

ゲームクリエイターという仕事は

ゲームクリエイターとは、ゲーム作成に関わる全ての人達のことを一括りにした呼称です。

 

では、その中にどのような人達がいるのか知っていますか?

 

まず、最も重要なポジションのディレクター。それぞれの進行状況の把握、納期までのスケジュール管理など、主な仕事はチームのマネジメントになります。チームのリーダにあたる人です。ディレクターになった人達のほとんどは、元はプログラマーやシナリオライターなどの他のゲームに関する仕事から始めています。何故なら、ディレクターとは総合的な知識と経験が必要になるためです。なので、最初は他の職種からスタートするのが基本です。

 

その他に、実際にゲームを作成するプログラマー、キャラクターデザインから背景などゲーム内の絵を作成するグラフィックデザイナー、ゲームのストーリーや世界観を構築するシナリオライター、それからゲーム内の音楽を担当するサウンドクリエイターなど本当に様々な人達が関わっています。

 

ゲームクリエイターになりたいと思った人は、まず自分がどのようにゲーム作成に関わりたいのかを考えることをお勧めします。最終的にディレクターになりたいと考えていても、まず入り口をどこにするのかを決めた方がいいです。基本的には、どの職種でも続けていけば他の職種の知識はついてきます。様々な職種の人達と一つのゲームを作っているので、他の職種の人達と話すことが多く、知識を吸収しやすいのです。

 

なので、難しく考えずに自分が好きなモノは何か?どのような形でゲームと関わっていきたいかを先に考えると道を見つけやすいと思います。