ゲームクリエイターになるにはどうしたらいいの?

ゲームクリエイターとは、ゲームを創造しなにもないところからものを作り出し、ゲーム機やパソコン、いまではスマートフォンなどの遊ぶアプリなどのゲームを開発する人をゲームクリエーターといいます。

 

でも、そのゲームクリエイターになるためにはどのような道筋が必要なんだろう?

 

知っていますか?

 

この業界というのは、とくに学歴というものはあまりとらわれないので、中卒・高卒であろうが一流大学卒業であろうがなることは可能なんです!

 

しかし企業に就職をするということになると『専門卒』『大学卒』が多く採用されているということは現実…
※未経験よりは専門学校や大学で専門知識を身に付けているということが有利なんです!!

 

ゲームクリエイターになるためには、多く方は『専門学校』や『大学』で専門知識を学ぶことを選んでいるのが現状のようです。

 

一概にゲームといっても「プログラマー」「デザイナー」「サウンドクリエイター」といった同じゲームクリエイターでも、職種によって専門知識がことなり学びたいものはなにかということを明確にして学校を選ぶといいでしょう。

 

仕事内容が漠然としている方はこちら

ゲームクリエイターの仕事は大きく3つに区別することができます。

 

ゲームの映像や画像を担当するゲームデザイナー、BGMや効果音といった音声担当のサウンドクリエーター、ゲームの動作や設計などを行うプログラマーに分けることができます。

 

それぞれの担当者の協力の元、ゲームは作られていくのです。

ゲームクリエイターになるための進路とは

ゲーム

 

自分で面白いゲームを作りたい!ゲームが大好きな人は一度は思ったことがあると思います。しかし、具体的に何をすればゲームクリエイターになれるのかご存じない方も多いのではないでしょうか。ゲームクリエイターといっ
てもプログラマーやグラフィックデザイナー、ディレクターなど様々な役職があり、それぞれなり方は様々です。

 

ゲームクリエイターになるにもいくつか道はあります、たとえ未経験でも大乗です、代表的なものをご紹介します

 

専門学校に通う

プログラマーやグラフィックデザイナー、サウンドクリエイターなどの直接開発に携わる人たちはゲーム制作の専門学校で学んだ後に就職するという方が多い様です。この様な職種では専門知識や技術が問われるため、学歴ではなく実力が重視されます。

 

大学や短大の美術系学部

最近のゲームでは高度なグラフィック技術が求められています。グラフィックについては大学や短大で美術を勉強したのちにゲームグラフィックの仕事につく方もいるようです。

 

一般の大学を卒業する

ゲームプランナーやディレクターなどの職業は大学を卒業し、入社後に適性が認められ経験を積んでなられる方もいるようです。大企業では大卒を条件にするところもあるようです。

 

独学で勉強する

ゲーム業界では学歴などよりも技術やセンスが重視されるため、学歴がなくても実力があればゲームクリエイターになることはできます。自分でゲームを作りコンテストなどに出してみたり、スマホゲームをリリースしてみたりすると良いでしょう。あなたはその時点でゲームクリエイターです。

 

いかがだったでしょうか。常に新しい発想や技術が求められているゲーム業界では、専門技術やセンス、知識が求められています。たとえ未経験者であっても大変な業界ではありますがその分やりがいはあるでしょう。

 

ここまでゲームクリエイターのなり方についてお話ししてきましたが、ゲームクリエイターになるためにもっとも大事なことはゲームが大好きなことです。その情熱をぜひ生かしてみてはいかがでしょうか。

ゲームクリエイターという仕事は

ゲーム

 

ゲームクリエイターとは、ゲーム作成に関わる全ての人達のことを一括りにした呼称です。

 

では、その中にどのような人達がいるのか知っていますか?

 

まず、最も重要なポジションのディレクター。それぞれの進行状況の把握、納期までのスケジュール管理など、主な仕事はチームのマネジメントになります。チームのリーダにあたる人です。ディレクターになった人達のほとんどは、元はプログラマーやシナリオライターなどの他のゲームに関する仕事から始めています。何故なら、ディレクターとは総合的な知識と経験が必要になるためです。なので、最初は他の職種からスタートするのが基本です。

 

その他に、実際にゲームを作成するプログラマー、キャラクターデザインから背景などゲーム内の絵を作成するグラフィックデザイナー、ゲームのストーリーや世界観を構築するシナリオライター、それからゲーム内の音楽を担当するサウンドクリエイターなど本当に様々な人達が関わっています。

 

ゲームクリエイターになりたいと思った人は、まず自分がどのようにゲーム作成に関わりたいのかを考えることをお勧めします。最終的にディレクターになりたいと考えていても、まず入り口をどこにするのかを決めた方がいいです。基本的には、どの職種でも続けていけば他の職種の知識はついてきます。様々な職種の人達と一つのゲームを作っているので、他の職種の人達と話すことが多く、知識を吸収しやすいのです。

 

なので、難しく考えずに自分が好きなモノは何か?どのような形でゲームと関わっていきたいかを先に考えると道を見つけやすいと思います。

 

ゲームクリエイターには、デザイン能力、プログラミング能力、音楽的能力など多くの能力を求められます。

学校の選び方って?どうしたいいの?

行きたい専門学校などがあるのであれば情報を集めることから始めましょう。今はいろいろな情報を簡単に集めることができるのですぐにでも始めることができますよ。

 

まずは興味のある学校のパンフレットを請求してみましょう。また、最近は情報化が進んでいてパソコンやスマートフォンで簡単にインターネットで調べ物をすることができますから、学校のホームページなどをチェックしてみるのもいいでしょう。

 

そういった中でオープンキャンパスや模擬授業などに参加していくことで、さらにどういった学校であるのかを体験しながら知ることができるますよ。

 

自分の興味がある学校を考えたときには複数で比べてみるのもいいでしょう。比較選択のポイントとしては、まずはしっかりと学ぶことができる環境であるのかということを見ていきます。年間の授業時間数や教員数、実習や研修、さらには取得できる資格やそのサポート体制なども重要です。また、どういった施設・設備があるのか、充実しているのかどうか、将来に直結する就職・サポート体制はどうなっているのかということも調べて比較していくのもいいでしょう。

 

最も大切だと思われるのが、学校の雰囲気・評判です。

 

人によってはこれによって合う、合わないということがはっきりとしたりすることもあります。もちろん、オープンキャンパスなどで確認していくのもいいのですが、日常を知るためには学生や先生の様子を見るために平日に訪れてみると、さらにわかりやすいものでしょう。

 

学校選びで欠かせないものの一つとしては、かかる費用の問題もあります。学校によっては、学費だけではなく施設費などもかかることもありますし、入学時には入学金がかかってきたりするので、在学する際に総合的に見てどの程度の費用がかかるのかということを事前に調べて計画的に準備をしていくようにするといいでしょう。

 

そしていざ受験をすることを考えると、AO入試や推薦、一般などの入学選考方法を確認して受験がスムーズに済むようにしてきたいものです。