ゲームクリエイターのやりがい

ゲームを開発していくうえで最大の魅力は、なんといっても自分が構想したものが形になり、世の中の人たちに認められたものを作った時です。醍醐味としてゲームで遊ぶよりもゲームを作る方が断然面白さを感じます。

 

開発期間が短い案件などを手掛けるときには時間が足りなくてかなり厳しいということもありました、またゲーム業界は変化が激しいところでもあるので人々が求めているものを読んでいくことが大変なところではないでしょうか。

 

けれど、これからも失敗を恐れずにチャレンジ精神を持って誰もしたことがない新しいゲームを想像していってほしいです。

 

ゲーム開発をするための計画を立てる

ゲームクリエイターの仕事してどのようなものをつくるかを決めなくてはいけません。それぞれ担当するゲームクリエイターが集まり、会議を開き意見を交わしあい新しいゲームを開発していきます。

 

それには、世の中の動向や、今後ヒットするであろうテーマを考え半年〜2年という長い時間をかけ構想を練っていきます。

 

構想が出来上がるとキャラクターや動作など具体的な内容を決定していきます。また現在ではゲーム機も多様化しており、どのハードウェアに対応していくかなども考えていきます。