アートディレクターになるには

一時期話題となったアートディレクターですが、でもやっぱりなりたいって方はいるはず。

 

アートディレクターという職業は、こういった仕事をするですよ。

 

世の中には実に多くの広告があると思いますが商品の情報、イベント等のお知らせ、人から人へのメッセージ、これらを多くの人に伝える為に、広告は有効な手段ですが、短時間の広告または短文の広告でも、見た人に的確に内容を伝えるためデザインするアートディレクターという仕事があります。

 

映像はいち早く情報を伝えるために、効果的ですが、必要以上に派手になったりとか、また地味すぎて何を伝えたいのか、見た人が理解できない映像は、印象が悪くなってしまいます。広告の印象が良くないと、商品そのものが良い品であっても、その良さを知ってもらうことが難しくなります。

 

こんな時アートディレクターが、主張し過ぎずに、上手く広告内容が伝わるように、色々と案を出し、少しづつ質の高い広告に仕上げていきます。

 

またインパクトのあるデザインを作る際にも、必要不可欠な存在で多くの場でデザインは必要となりますが、目的にピッタリとマッチしたベストなデザインを作り出す場合にはまさにアートディレクターの腕の見せ所ではないでしょうか。

 

商品から出版、イベント、広告などありとあらゆるものをデザインしていくことがアートディレクターのお仕事です。

 

アートディレクターになるには、美術系の大学に通うか、専門学校に行くなどして専門知識を学ばなければなりません。