独立したゲームクリエイターになるポイント

ここでは、独立したフリーのゲームクリエイターになるにはどのようにしていけば良いのかポイントをご紹介します。

 

ゲームクリエイターは、昔の違って今ではパソコンなどのプログラミングするための機器があれば、誰もがなれる職業になっています。しかし実際にゲームをつくるということは、作業や過程ではプログラミング技術などをさまざまな知識を習得しなければゲーム制作を一人ですることはできません。

 

もちろん多くのゲーム制作会社などでは複数の人間の得意分野で、ゲーム制作をしているため必ずしもゲームクリエイターとしてそういったプログラミング技術が必要ではありませんが、個人でゲーム制作会社を立ち上げたい場合には必要に迫られます。

 

また、ゲームクリエイターにとって現在は家庭用ゲーム機だけでなく携帯ゲーム機、スマホアプリやパソコンゲームなどハードは多岐に渡っていて、ゲームをつくるならばそのハードに合わせて制作しないといけません。

 

より安価で制作できるのはパソコンをハードにした、シナリオ系のゲームですが、それには最低限のプログラミング技術それからシナリオライターやイラストレーターなどの人材がいないのであれば人を雇うなり、外注などで雇用する必要もあります。

 

つまり独立したフリーのゲームクリエイターになるためには、ゲーム制作をして何らかのヒット作品を生み出しゲームクリエイターとしての人気や知名度を上げることで将来的に独立してゲーム会社を立ち上げるときに多くの支援者を集めることが重要になってきます。

 

現在のゲームクリエイターの環境

以前と比べるとはるかに開発ツールの低価格や,クラウドファンディングといったものを利用して資金を集めることができるようになってきたことによって,大手ゲームメーカーにいなくてもゲーム開発というのが可能になってきてきます。