トップゲームクリエイターとは

ここでは、ゲームクリエイターとして活躍されている有名な方たちの経歴をみてみましょう。どんな経緯でトップゲームクリエイターとして実績と経験を残してきたかを知っていきましょう。

 

堀井雄二

アーマープロジェクト代表取締役

伝説的なゲーム『ドラゴンクエストシリーズ』の生みの親。

 

堀井雄二は早稲田大学第一文学部卒業後、フリーライターとして活動。フリーライター時代にパソコンと出会いゲームにのめり込む。1986年に「ファミコン初の正統派RPG[3]」である『ドラゴンクエスト』を発表する。

稲船敬二

株式会社comcept及び株式会社intercept設立 代表取締役

誰もが知っているロックマンやバイオハザード・鬼武者などをプロデュース

 

稲船敬二氏は大阪デザイナー専門学校を卒業後にゲーム会社として有名なカプコンに入社。90年代のゲームを席巻した『ストリートファイト』の仕事に携わる。その後『ロックマン』のキャラクターデザインを担当のちにディレクションを担当するようになる。その後大ヒットを飛ばす『バイオハザード2』『鬼武者』のプロデューサーとなりトップクリエイターとなる。

日野晃博

レベルファイブ代表取締役社長

いわずと知れた『レイトン教授』子供に人気の『妖怪ウォッチ』を手がける

 

福岡のコンピューター専門学校を卒業後、システム開発など経て、ゲーム開発会社を設立。いわずと知れた『レイトン教授』子供に人気の『妖怪ウォッチ』など数々のヒット作品を作り出している。

辻本良三

多くのファンを魅了する今人気のシリーズ『モンスターハンター』のプロデューサー。 

 

辻本良三は、近畿大学商経学部商学科を卒業後にカプコン入社。アーケードゲームなどを開発を手がける。モンスターハンターの初期作品に関わり、モンスターハンターポータブル2ndでプロデューサーなる。

山内 一典

ポリフォニー・デジタルの代表取締役プレジデント

世界で累計5000万本以上の売り上げを上げている『グランツーリスモ』の生みの親。

 

山内 一典は、日本大学芸術学部を卒業後、ソニー・ミュージックエンタテインメントに入社。『グランツーリスモ』シリーズを生み出す。

 

※ウィキペディアより引用しております。