ゲームに関わる仕事とは

日本では、ゲームクリエイターの人気が高いです。
ゲームクリエイターの現状と将来性を見てみると、ゲームクリエイターは、数ある職業の中でも、将来性がある職業と考えられています。

 

そのため、ゲームクリエイターを養成する専門学校も増えています。
ゲームクリエイターと一言で言っても、その仕事の種類は多岐にわたります。

 

ゲームプロデューサー

プロデューサーの場合は、ゲーム制作に必要となる予算の管理やメンバーの編成、スケジュール管理などを行います。

ゲームプロディレクター

ディレクターは、現場の監督をする仕事で、予定通りにプロジェクトが進行しているかを把握しつつ、各セクションのスタッフに様々な指示を出します。ゲームのアイデアを出す人は、プランナーとも呼ばれます。
プランナーは、マーケティング能力も重要で、市場の動向を的確に判断して、良い企画を出していく才覚が必要となります。

ゲームプログラマー

専門的な言語を使って、プログラミングと修正を行うのがプログラマーです。

 

ゲームのストーリーを作成するのはシナリオライターですが、最近は、ディレクターやプランナーがシナリオを作成するケースも多いです。

 

サウンドクリエイター

ゲームで音楽を担当するのが、サウンドクリエイターです。
サウンドクリエイターは、テーマ曲だけでなく、BGMや効果音なども担当します。音楽は、ゲームの印象に大きな影響を与えるため、各セクションと綿密な打ち合わせを行って、音楽を作り上げていきます。

 

コミュニケーション能力が重要

ゲーム業界は、ゲームに対する情熱が、かなり重要視されます。ゲーム業界のトレンドにたいして敏感で、アンテナの感度が高い人が必要とされています。ゲームクリエイターには、コミュニケーション能力が必要です。
ゲームの製作には、多くの人がかかわっているため、他人の仕事を理解して協力して作品を作っていくコミュニケーション力は、とても大切なのです。また、ゲームをプレゼンテーションする機会が多いので、ゲームの良さを論理的にアピールする能力も必要となります。
優れたゲームを作れば、世界的なヒットも夢ではないのが、ゲーム業界です。最近は、世界のゲーム業界で活躍する若者も増えています。実力さえあれば、日本以外でも活躍する場はたくさんあるのです。