ゲームクリエイターの年収とは

会社によって待遇は異なってきますが、大企業になればなるほど給料、福利厚生など良い条件の場合が多いです。

 

一般的なゲームメーカーでは、新入社員では16万円?22万円程度となっており、専門学校卒と大学卒では、大学卒の方が数万円は多いというのが現状です。《※これはどの業界でも変わらないと思います》

 

それなりにキャリアを詰んだゲームクリエイターでは、年収は320万円?600万円程度と言われており一般的なサラリーマンとほぼ変わらないです。

 

しかし、ヒットを飛ばすトップクリエイターともなると年収1000万円以上をもらうことも可能で夢のある職業ではないでしょうか。

 

また、ゲームデザイナーやサウンドクリエイターもゲームクリエイターとさほど変わらない待遇と思っていいでしょう。

 

現在ゲーム業界の傾向とは

近年ではスマートフォンの普及とともに、ソーシャルゲーム市場が急速に拡大してきていました。そのため、ソーシャルゲーム開発企業では優秀なゲームクリエイターを積極的に中途採用する動きが起こっています。

 

ソーシャルゲーム業界では、今までにないタイプのゲームでないと大きなヒット作が見込めないために、新たな企画立案のできるゲームクリエイターは高額の年収が得られる環境が広がっています。数年前にSNS経由のソーシャルゲームがブームになった時には、各アプリ開発会社でゲームクリエイターの獲得競争が起こりました。

 

その結果として、年収が数年万円といった年棒制にするところが出ました。

 

また、新卒のゲームクリエイターにおいても、初年度から年収を1000万円にする破格の条件を提示したIT企業もありました。しかし、ここ2,3年でSNS経由のブラウザー系ソーシャルゲームは下火になりつつあり、逆にネイティブ系ソーシャルゲームがユーザー数を大きく伸ばす状況が生まれてきています。

 

ネイティブ系ソーシャルゲームの中には1000万ダウンロードを超えるタイトルが複数出現していて、アプリ開発会社では業績を急激に伸ばしているところが出ています。ネイティブ系のソーシャルゲーム開発では、今後も数十億といった規模の開発費用を使う予定となっている企業があります。

 

そのため、現在はネイティブ系ソーシャルゲーム開発会社のクリエーターの年収が上がっていく傾向となっています。