ゲーム制作の流れを知る!

 

 

ゲーム制作というのはある日突然完成しているものではなく、さまざまなスタッフが協力してプランを作り、それに沿って作業を進めなくては完成するものではありません。

 

ゲームができるまでの流れ

最初の工程となるのがプレゼンテーションです。

 

これは特にディレクターと呼ばれる、ゲームの根本的なアイディアを考えて現場を指揮する立場にある人が行うのが普通で、このプレゼンテーションの中でディレクターはそのゲームを作りたい理由と、商業的な成功の可能性について決済権を持つ上層部に対して訴えかけます。

 

このプレゼンテーションに成功した場合には仕様書作成の開始です。

 

仕様書とはゲームの設計図のことであり、プレゼンしたゲームの内容や面白いポイント、またそれを実現するにはどうすれば良いのかをまとめる必要があります。

 

仕様書が出来てチームの発足まで行ったのであれば、ここからはプログラミングとデザイン、サウンドクリエイト、UIデザインといった作業が並行して行われていくことになるでしょう。

 

実際にはゲームの開発会社や開発チームによって順序が異なることも多いですが、一般的には「プログラムが完成したからデザインを作る」などのように順序立てて行うというよりは、ディレクターなどが指揮をして効率よく作業が進められるように並行して動いていくことの方が多いです。

 

ゲーム自体はプログラムによって動いていますが画面の中でダミーではないキャラクターを動かすにはデザインが完了しなくてはなりませんし、敵キャラクターに攻撃した時の効果音や、ゲームの感動的なシーンを盛り上げる曲が無いとファンは買ってくれません。

 

プログラミングはプログラマー、デザインとUIデザインはデザイナー、サウンドクリエイトはサウンドクリエイターと手がける専門家は異なりますが、作業は並行して行わなくてはなりませんからいずれのスタッフにも協調性とコミュニケーション能力が求められます。

 

ここまでの作業が終わった場合にはデバッグ、つまり本来意図していない動きをする部分を排除するバグへの対応に入るのですが、最近ではデバッグ前にローカライズ作業を行うメーカーもかなり多くなっています。

 

ローカライズとは言語を発売する地域の言語に合わせることで、例えば日本で売るゲームは日本語に、アメリカで売るゲームは英語にといったように言語を変えられるようにして発売するわけです。

 

この作業全てが終わって、商品としてのパッケージングが終わると晴れて新作発売となります。

 

メーカーによって作業の流れや順番が異なることも多いですが、おおよそこの流れでゲームができるわけです。