ゲームクリエイターを目指すなら

ゲームクリエイターになるにもまずは、ゲームクリエイターの仕事について理解しておかなければなりません。

 

ゲームクリエイターの仕事は大きく3つに分けることができます。

映像や画像など担当するゲームデザイナー

美術大学や芸術系の専門学校に行くなどアートやデザインといった分野を選択しましょう。デザインをするためのソフトの使用方法や最新のグラフィックソフトなどを学ぶことでなることができます。

 

ゲームの動作などを担当するプログラマー

情報処理技術を学べる大学やコンピューターの専門学校などで学ぶといいでしょう。プログラム言語などを幅広く学ぶことをおススメします。

 

BGMや効果音などの音楽を担当するサウンドクリエ―ター

音楽大学や専門学校で音楽に関する幅広い知識を学んでいきましょう。作曲や演奏だけでなく効果音なども勉強しておくとよいでしょう。

 

これらの大学や専門学校を卒業してゲームメーカーやゲームソフト会社に就職する場合には、どんな学校でどんな技術を学んできたかということが重要になってきます。

 

また、大学や専門学校で作った作品を提出し、それによってアイディアや技術力というものを評価されます。大学や専門学校で作るものはぜひともいいものをつくるように心がけましょう。

 

ゲームメーカーやゲームソフト会社に入社して実績を積むことができればプロディーサーやディレクターといった重要なポストを任されることもあるでしょう。

 

ゲームクリエ―ター

ゲームメーカー、ゲームソフト制作会社

大学、専門学校など