ゲームクリエイターになるために求められる能力

ゲームクリエイターになるために求められる能力と言えば、プログラミングの知識のようにゲームそのものを作り上げるために必要とされる能力が一般的には浮かびます。そしてこうした能力は専門学校で学ぶ人が多いです。専門学校ではゲームに特化した学科があるのでこうした形のゲームクリエイターを目指す人には近道だと言えます。

 

しかし、少し考えなければならないのは、専門的な知識や能力があれば面白いゲームができるのかということです。ゲームはみんなが「やってみたい」と思うものでなければなりませんし、やり始めた人が長く続けたいと思ったり、達成感を味わったりできるもので無いとダメでしょう。つまりはプログラミングができる人がいても良いゲームができる訳ではなく、どんなゲームにするかといった構想を考える所から始まり、実際にプログラミングしてゲームに仕上げるまでには色々な能力を持ったゲームクリエイターが求められます。

 

 

こういった能力も求めれれる!

特に企画の部分ではプログラミングができる能力より、現在の社会情勢、人気のアニメ、スポーツ等々の情報収集や分析する能力が必要になります。そして、現状分析だけでなく将来おも見通す能力も必要でしょう。そして、これらのデータを元にゲームの構成をしていくことが重要なポイントになります。
この仕事は、新しい車のデザインを考えたり、人気が出るアイドルユニットの構想を考えたりする仕事と同じようなものと言えるでしょう。

 

こうした仕事に求められるのは企画力です。情報を分析し、その結果からゲームの構成を創作し具体的な形にしていくまでが企画力です。そのためには大学で経営学、経済学といったものを学んでくるのも良いでしょう。また心理学のような知識もあると企画には役立つでしょう。一概にゲームクリエイターと言ってもその仕事の中身は千差万別ですし、それぞれ求められる能力は違ってきます。特にゲームの構想を考えたりする企画的な所で能力を発揮したいと考えるならばやはり、企画職は大学卒が有利でしょう。