ゲームクリエイター《ディレクター》になるには

ゲームプランナー《ディレクター》はゲーム作りに関する全ての工程を学んでいきます。ゲームディレクターとなる事を目指している人が多いけれど、サウンド関係やグラフィッカー、プログラマーとして仕事をする方も少なくありません。

 

現在のゲーム業界は、総括して一企業でゲームを作る所ということは少なくなり、例えばプログラムを主としている企業はプログラムを担当し、サウンドやグラフィック関係は別の企業と合同で制作するということが多くなっています。

 

ゲームクリエーターは、実力第一です。日進月歩とゲームの技術や情報といったものは変化していきますのでそれに対応するマーケティング能力というものが必要になります。

 

また、ゲームを開発するにおいて必ずチームを組んで仕事を行っていきます。円滑なコミュニケーション能力というものは必ずいるもので、デザイナーやプログラマー、サウンドクリエーターどの分野においてもチームの仕事が円滑に進むような協調性といったことが必要になってきます。

 

ゲームを開発するにあたってプレーする人が楽しんでくれることが一番です。ですから、ゲームを作るあなた自身がおもしろいと思うものを作っていきましょう。