ゲームクリエイターになるための資格とは

ゲームクリエイターになるためには、資格というのは必ずしも必要といわけではありませんが、ゲームクリエイターなっていく上で取得しておいた方が良い資格をご紹介します。資格がなくてもいいのですが、就職時など自身がアピールできる有効な方法ですのであって損はないでしょう。

 

取っておきたい資格

ゲームプログラマー

CGエンジニア検定
CGエンジニア検定は、その名と通りCG技術に特化した検定です。CG分野の開発や設計などの能力が求められる検定です。
C言語プログラミング能力検定
C言語は、ゲームなどを動かすときに使うプログラム言語。このC言語を使って、プログラムを作る能力が求められる資格です。

 

グラフィックデザイナー

CGクリエイター検定
CGを使ったデザインなどCGの基礎、映像の基本、モデリングやアニメーションなどCGデザイナーなどには欠かせない資格です。
Photoshopクリエイター能力認定試験
デザインなどをするのに使われるAdobe《アドビ》、画像加工、編集などには欠かせないPhotoshop《フォトショップ》の操作能力や知識を認定する資格です。

 

これらの資格は、将来ゲームプログラマー、グラフィックデザイナーなどゲームクリエイターを目指す上で取っておきたい資格です。ゲームクリエイターにはこれらの資格を有する専門知識が必要になってくるため理解しておきたいですね。

 

けれど、資格があるからと言って必ずしも就職できるというわけではなりません。学歴や資格がないからと言ってゲームクリエイターになれないわけでもありません。独自で身につけた技術をもっていれば活躍できる業界でもあります。