ゲームクリエイターとして就職したいなら自作品を作るべき?

ゲームクリエイターの求人に応募して採用されるまでには、多彩なプロセスがあります。

 

業界内の有名人と知り合いであればコネクションを有効活用することができますし、ごく一般的な採用試験を受けるなどの方法があるのです。大多数の人には一般的な採用試験を受ける方法が当てはまると考えられるので、その対策を入念に行っておく必要があります。

 

特に大切なのは、独力でゲームを作ることです。

 

オリジナリティ溢れるゲームを作成して面接でアピールすると、場合によっては採用につながる可能性もあります。ただし、ゲームであれば何でもいいというわけではありません。第三者の作成したゲームの著作権を侵害していないことはもちろんのこと、面白いと感じられない作品は評価されることはないです。

 

高い評価を受けやすいゲームというのは、往々にして作者の発想力が他とは異なる場合が該当しやすいです。

 

グラフィックが綺麗か否かは、それほど重要視されません。

 

近年ではゲームクリエイターの仕事は分業制を採用していることが多く、ゲームプログラミング担当者やグラフィック担当者などに分かれているからです。

 

採用試験を受ける段階では、ゲームに最適な発想力の持ち主であることをアピールすると効果的です。