ゲームクリエイターになるための適性とは

日本は、ゲームが好きな若者が多いです。将来、ゲーム業界で働きたいと考えている学生も少なくありません。
でも自分がゲームクリエイターになる適性があるかどうか心配ですね。
ゲームクリエイターにどんな人が向いているかについては、こんな方が向いているといろいろとあげてみました。貴企業の採用側から様々な意見が出されています。ぜひ参考にしてください。

 

ゲームクリエイターと採用する会社との相性もあるので、これさえあれば採用されるという明確な基準はありませが、一般的にゲームクリエイターに必要だとされている資質の中に、共通するものはあります。

 

こんな人を求めている!

独自のセンス

まず、多くの人が指摘するのが、独自のセンスです。センスがない人は、ゲームクリエイターに向いていません。創造的な仕事をする人は、みな独特な感性を持っています。

 

ただ、優れた感性があっても、実際に作品を作り出すには、責任感も必要となります。

 

やりきる責任感

特にゲーム制作の世界では、何年もかけて作品を作り上げていきます。かなり根気のいる仕事で、自分のミスが多くの人に影響することも多々あります。
ですから、責任感が強く、自分に与えられた仕事をきっちりこなす能力は、すごく大切です。いくら能力があっても、責任感がない人はクビになることが多いです。ゲームクリエイターには、繊細さが必要ですが、一方でストレスに耐える強さも必要です。

 

このバランスが難しいのですが、一流のゲームクリエイターは、繊細さと強さを両方持っている人が少なくありません。

 

また、チームで作品を作り上げていくので、仲間とコミュニケーションを取りながら仕事ができる能力も重要です。

独自のセンスを磨くためには

独自のセンスをどうしたら身につけることができるのって思いますね。それはやはりいろいろなことを経験するということが重要ではないかと思います。たとえば、読書であったり芸術を見に行く体験するといったことではないでしょか。読書であればSFや歴史小説などさまざまなジャンルを読んで世界観を得るということもいいかと思います。さまざまな経験・体験をすることで独自を感性を磨いていけるのではないでしょうか。