アミューズメントメディア総合学院 ゲーム学科

アミューズメントメディア総合学院

 

ジャパニメーションの名称で世界的にも高い評価を日本のアニメーションや、世界的知名度を有する作品が数多い漫画など日本独自の発達をみた映像作品は今や日本のサブカルチャーを代表する存在と言っても間違いないでしょう。単なるファンや読者の地位に飽き足らず、自らも率先して製作や創作の世界に身を投じてみたいとの思いに駆られる人も多いはず。そんなあなたの夢をかなえる学科が充実しているのが、アミューズメントメディア総合学院になります。

 

総合学院のおすすめポイント

豊富な学科が用意されている最近ではゲームもアニメや漫画と並ぶ映像作品として重要な地位を占めていますが、総合学院にはゲームプログラマーなどゲーム製作を専門とした学科を3コースを初めとしてアニメーション製作や漫画イラスト学科、声優学科に小説やシナリオ学科など、8学科のなかからあなたの得意とするコースを選択することが出来るのです。

 

たとえばゆくゆくは自分が考案したキャラクターを商業作品の中に登場させたい人にはキャラクターデザイン学科、絵は自信が無いけれど独自の世界観やシナリオを考えるのが得意な人は小説・シナリオ学科と言った具合に専門分野に応じたきめ細かいキャリクラム編成がとられているのが特徴です。

 

おすすめポイントは

第一線で活躍するOGやOBなどの人材が豊富

20年以上の歴史を持つ総合学院なので、第一線で活躍するOGやOBなどの人材が豊富です。
ゲームや映像作品など制作業界で身をたてるには卒業後の進路選びが大切で、相応の実力を身に着けて名を挙げる存在になるには、卒業後に就職する会社やスタジオをどこにするのかが、将来を左右することになります。

就職サポートも充実

この点で総合学院にはOGやOBの存在と、一人ひとりの特性を踏まえた専任スタッフが担当してくれるので就職の十分なサポートを受けることができます。

トップクリエイターによるレベルの高い指導や教授を受けることが出来る

在学中の現役プロ講師は業界を代表するトップクリエイターなので、現場の空気をそのままにレベルの高い指導や教授を受けることが出来るのもおすすめポイントです。

 

まとめ

やはり本気でゲームクリエイターを目指すのであれば、アミューズメントメディア総合学院のような専門学校に行くことをおすすめします。トップクリエイターに学べるというのはかなりの経験になり、即戦力として働くことも可能になってくるでしょう。